So-net無料ブログ作成

妄想の世界の住人 [dream]

英会話レッスンまもなく終了時間というところで、文字どっさりのページに来てしまうま。
"Ancient and Modern Wonders of the World" 直訳: 古代または近代の世界の不思議たち
ピラミッドだの万里の長城だのアンコールワットだの。

「これ音読したい?」
と、先生。
「したいけど、あと3分しかないヨ」
「わかった、じゃあ読むのは次回で、先に質問のとこ。この中でどこに一番行ってみたい?」
「マチュピチュ!」
「私も! なぜ?」
「ミステリアスだし、小学生の頃は南米の古代文化に興味があって・・・」
優等生的なことを言いかけたものの、気が変わって、衝撃(?)の告白に変更。
「実は、マチュピチュは宇宙人か古代超人類が建築したと信じていたのん」

ぎゃーははははは!!!
(≧▽≦)


「あなたが知ってるこの写真以外の場所は?」
「カッパドーシャ」
「カッパドーシャ?」
英語だと別物になる例のやつ、カッパドキアはこの発音だったと思ったけど違ったかしら?(汗
「トルコの・・・」
テキスト送るとセンセイは画像検索。
「すごく幻想的! 教えてくれてありがとう。 行ってみたいからお金ほしいわー」
「実は、古代の核シェルター跡だと思ってたのん」

ぎゃーははははは!!!
(≧▽≦)

学校時代はつまんなかったので、こんなことばかり考えておりました。
そこから物語広げてマンガやライトノベル書いたり。
後に自らが宇宙人と呼ばれるようになるとはな。
ふっ。

カッパドキアの英語読みはカッパドーシャでよいらしいっす。


nice!(0)  コメント(0) 

サイボーグ [dream]

毎日、就寝前に外してきちんと洗浄・消毒しなければいけないのに、コンタクトレンズを装着したまま寝てしまった。
しかも着けてることさえすっかり忘れて3日経過。

・・・という夢を見ました。

ギョエー。
それって衛生的にどうなの?
身体への負担は?

ちなみに、私はコンタクトレンズを使用したことはありません。
杉花粉をはじめ、わりかし年中目がカユイので、たぶんつけてられないと思います。
それ以前に、目に異物を貼り付ける恐怖ときたら・・・!
ひいー

小学生の頃、結膜炎で眼科へ行った時、コンタクトが上の方に行ってしまって取れなくなったというおじいさんがいて、看護師さんがそれをピンセットでエイッと抜き取るというオソロシイ治療(?)を目撃し、ヒョエーとなりました。
次の患者をすぐ後ろに並ばせてるってどうなのよ。
内科みたいに服を脱がないから見られてもいいでしょ、という判断?
そして、私の結膜炎の治療ときたら、水飴のようなネバネバした薬を絡み付けたガラス棒を目の中へズボズボ突っ込まれるという、こちらもオソロシイ治療。
私の後や隣に並んでいた人たちは、これを目撃していたわけですな。
しかも、目の周りも薬でベタベタのまま学校へ行かされるという屈辱的オマケつき。(これが翌週も続く)
コンタクトレンズへの恐怖はこれらトラウマのせいもあるかもしれません。
くわばらくわばら。
 


nice!(4)  コメント(0) 

妖精の夢 [dream]

先週、夢にたくさんの妖精が出てきました。
彼らは人間と同じ大きさで、ルネッサンス風の服装で、とてもキレイでした。
何人かは楽器を持っていて、ハープの伴奏で歌ったり踊ったりしました。
ラファエル前派の絵画のような光景。
シアワセな気分で目覚めた~。

・・・のだけど、よく考えてみると、彼らがいた場所は、実家前の児童公園だったさ。
まだまだ想像力が足りんな。(-_-)

nice!(0)  コメント(0) 

家族みんなでおいしいごはん [dream]

『みんなのうた』で、何やら聴いたことある歌が・・・
んん?
アタシの食育ソング『家族みんなでおいしいごはん』じゃん!
え、なに?
誰が歌ってんの?
あれ、若干歌詞が違うんですけど。
どゆこと。

・・・という夢を先日見ました。
この曲のフルート用パート譜を作らなくちゃあ~、と考えながら寝たせいです。
はい。

nice!(0)  コメント(0) 

わっ! [dream]

「バックします。ご注意ください。バックします・・・」
ゴミ収集車の音で目が覚めました。
ライブ当日のリハが初練習で、いきなり機材の修理とか始めたり、もちろん全く完成しとらんし、気がつくとオープン前なのにお客さんがいたり、etc.・・・というオソロシイ夢から脱出したあ。
なんと!8時40分ではあーりませんか。
えええええ。
アラームはセットしてあったけど、音声がOFFになってたのだ!
ゴミ出せなかったよ。
しくしくしく。

nice!(0)  コメント(0) 

スポーツジムとか行くべき? [dream]

高校時代の友達が夢に登場。
真夜中の巨大ショッピングモールを馬の群れが駆け抜けて、それを追いかける人々がいて、どうやらそういうイベントらしくて・・・というのが物語の大部分。
彼は終わりの方にちょこっと出てきただけでしたが、ものすごくかっこよくなってました。
んで、私もきちんとしなくちゃ…と夢の中の私は反省していました。
現実の彼とは卒業以来、会ってません。
たぶん、剥げてると思います。

nice!(1)  コメント(0) 

文鳥と虹 [dream]

ふと見上げると、木の枝に野生の文鳥がたくさんいました。
日本にもジャワスズメが?
かわいいなあ。
と思った瞬間、彼らは飛び立ちました。
昔飼ってた文鳥にソックリなつがいにも遭遇。
遠くの景色は巨大な二重の虹。
景色全体も二重というか、四重?
蜃気楼?

…という夢を見ました。
ファンタジー。

nice!(1)  コメント(0) 

ショパンは弾けないヨ [dream]

3本立ての夢を見ました。
最初のは忘れました。
2番目のは、南の海で白っぽいイルカと一緒に遊んでいました。
カワイイかった。
3番目のは、大学のピアノ試験でショパンの幻想即興曲を弾いていました。
途中で忘れて、間違えて、てきとーこきました。
という、ギャーッな夢でした。
くわばらくわばら。

そんなの弾けるかーっ
と、雅枝さんに朝っぱらからメール送信。
オヘンジ↓
もしかして、私の代わりに見てくれたのかもよ。
金曜に本番なんだけど、急遽ショパンを1曲追加したばかりなの。

ショパンを弾くのかあ。(←遠い目
白っぽいイルカの夢はなんだか縁起がよさそう。
でも、昨日、『海のトリトン』を歌ったせいだな、きっと。
ははははは。

nice!(2)  コメント(4) 

夢に登場する友達 その3 [dream]

狭い坂道を、黒いウシたちがすさまじい勢いで暴走中。
そして、ウシと一緒に走る人々。
牛追い祭り(サン・フェルミン祭)の真っ最中なのでーすーーー。
危険なので、私は路地に停めてあった白いバンの陰にさっと隠れました。
この隙間ならウシは入って来られないから。
そこには同じように考えたみどちゃんがすでにいて、彼女は白い電話機を抱えてかがんでいて、騒々しさの中で一生懸命に何かのクレーム応対していました。
やっと電話が終わって、みどちゃんは、
「もうー! この騒々しい時に!」
と、怒っていました。
くわばらくわばら。

・・・という夢を見ました。
ナンダコリャア。(≧▽≦)

おもろいので本人に話してあげると、
「牛追い祭り? なんで?」
と、目を丸くしておりました。
アタシにもわからんヨ。
なんで牛追い祭りなんでしょうねえ。(^^;

nice!(0)  コメント(0) 

夢に登場する友達 その2 [dream]

テラリィの所属する劇団の座長が暗殺されようとしているという情報を知った私は、そのことを知らせるためにテラリィを探していた。
刺客は小学生くらいの男の子なので、命を狙われるとは、誰も思わぬであろう。
完全に勘違いしている外国映画に登場するような、どこの国やらわからぬ東洋風の巨大な建物の中で、撮影をしていたのか合宿していたのかイマイチ不明だけど、とにかく広い。
テラリィは見つからなかったけど、道場のような部屋で、座長がシブイ色の作務衣姿でくつろいでいるのを発見。
しかーし!そこにはすでに件の男の子が!(彼も作務衣)
少年は油断させて近付くために、なにやらコドモっぽいことを話しかけていた。
なにかジェスチャーしたかテレパシーだか忘れたけど、とにかく私が知らせようとしていた事柄は伝わったらしい。
彼はナニカおもろいことを言って少年を煙に巻いていた。
もう大丈夫。
廊下で私はようやくテラリィに遭遇。
テラリィは中華風の襟がついたパイル地の寝巻きのようなものを着て立っていた。
「こんなとこにいたんじゃだめじゃん!」
みたいなことを私は彼女に言った。
「あーははは。だいじょうぶだよ」
テラリィは笑っていた。

・・・という夢を見ました。
ナンダコリャア。(≧▽≦)

おもろいのでテラリィに話してあげると、
「あー、作務衣! 似合いそう。きっと本人もそういうの好きだー」
と言っておりました。
数日後、私は座長のプロフィールの中に『特技・整体』とあるのを知りました。
似合いすぎっ。

nice!(0)  コメント(0)